自分がフェチに目覚めた雑誌たち セクシーアクション 熱烈投稿 お尻倶楽部 スナイパー

フェチに目覚めるきっかけ

自分がフェチに目覚めたきっかけとなった雑誌を紹介します。
数えるとキリがありません。

いっぱいあるので、その中でも代表的なものです。
かなり古いので、既に廃刊・休刊になったものもあります。
今でもデジタル版として続いているものもあります。
懐かしいなと思って見てもらえればと思います。

セクシーアクション

投稿雑誌の元祖ともいうべき存在です

街撮り、隠し撮りなどの投稿雑誌の火付け役的な存在です。
表紙だけでもワクワクさせてくれます。
ジーンズのヒップやスカートの中、ブルマ、競泳水着、
チアガール、レースクイーンなどさまざま。
さらには、トイレ、お風呂、温泉などの写真も…

自分としては、本当に衝撃的で、刺激を受けました。
ブルマやジーンズのピチピチのお尻、スカートの中は特に興奮しました。
この雑誌によって、目覚めたと言ってもいいくらいです。

この頃、甲子園のチアリーダーがカメラに狙われ問題になったこともあります。

セクシーアクションの登場後、
『セクシーUP』『アクション覗き術』『アップル写真館』『熱写ボーイ』など
巷には投稿雑誌が溢れました。

 

熱烈投稿

グラビアアイドルも制服・ブルマで登場する、投稿雑誌

基本的に、セクシーアクションと似たような内容なのですが、
こちらは、グラビアアイドルなども制服やブルマで登場するなど
差別化を図ってます。
グラビア系女の子が制服やブルマ姿がフェチの心をそそります。

お尻倶楽部

王道のお尻・スカトロ 誌です。

これで、自分はお尻とスカトロが大好きになりました。
可愛い子が、次々にお尻を見せて、排せつもしていくのは、衝撃的でした。

中でも、倉本安奈ちゃんというスカトロアイドル的な子も出てきて、
大ファンになりました。
女の子同士がお互いにうんこを口で受けるレズスカトロは衝撃的でした。
ちなみに、当時のお尻倶楽部担当の人にも会いましたが、
可愛い女の子でびっくりでした。

スナイパー

SM雑誌の王道です

お気に入りの元お天気お姉さんが、スナイパーで縛られているのを知り、初めて買いました。

超可愛い子や美形のお姉さんが、縛られている姿に興奮しました。
自分が、SMに興味を持ち、フェチにはまった一冊です。
初めて、SMクラブに行ったのも、この影響です。